障害年金には3種類の年金が存在します。
・障害基礎年金
・障害厚生年金
・障害共済年金

この3つになりますが、一般的な国民年金や厚生年金や
共済年金と同じような仕組みとなっておりまして、
障害基礎年金が国民年金法に基づく国民年金の支払いを
ベースとして支給されるものになり、障害厚生年金は
厚生年金に加入している方が可算される2階建て部分に
なります。

障害共済年金は公務員等の共済組合に加盟している方が
対象となるものになり、障害厚生年金と同様、障害基礎年金の
2階建て部分になります。障害共済年金については
職域加算額というものがあり、更に厚生年金相当額に
上乗せされていきます。

また、その他に「障害手当金」という一時金の制度も
あります。 <参考>