障害年金には継続して支給されるというものだけではなく
一時金の支給も存在します。
それは障害手当金というものです。

この障害手当金は、厚生年金に加入している場合のみに
該当するもので
・初診日時点で厚生年金に加入している
・病気、けがが初診日から5年以内に治った(症状固定)
・3級の障害よりもやや程度の軽い障害が残った

このような場合に支給されます。
障害の程度としては
「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるか又は
労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。
と定義されています。

支給額は
「障害等級3級の場合の障害厚生年金の最低保障額の2倍」
「障害厚生年金の額の算式より計算した額の2倍」
のいずれか高い方となります。

最低保障額は1,153,800円となります。
(平成26年度時点)

実際に該当するかにつきましては細かい基準がございますので
個別にご相談ください。