精神の障害については以下のように
障害認定基準が定められていますので
紹介いたします。

1 級

精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる
程度のもの

2 級

精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる
程度のもの

3 級

精神に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著し
い制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加え
ることを必要とする程度の障害を有するもの

障害手当金

精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加え
ることを必要とする程度の障害を残すもの

上記のとおり、全体の精神の障害に関する認定基準は
具体的に示されてはおらず、総合的に認定されるというものになります。
日常生活が不可となるようなものを1級、日常生活に著しい制限を
受けるものを2級、労働に制限を受けるものを3級、労働に制限を
受ける障害が残っているというものが障害手当金に該当すると
いえるかと考えられます。

統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害

精神障害の一つである「統合失調症、統合失調症型障害及び
妄想性障害並びに気分(感情)障害」について認定要領が出ていますので
紹介いたします。

1 級

1 統合失調症によるものにあっては、高度の残遺状態又は高度の病状が
あるため高度の人格変化、思考障害、その他妄想・幻覚等の異常体験が
著明なため、常時の援助が必要なもの
2 気分(感情)障害によるものにあっては、高度の気分、意欲・行動の
障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、
ひんぱんに繰り返したりするため、常時の援助が必要なもの

2 級

1 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があるため
人格変化、思考障害、その他妄想・幻覚等の異常体験があるため、
日常生活が著しい制限を受けるもの
2 気分(感情)障害によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害
及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり又はひんぱんに
繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの

3 級

1 統合失調症によるものにあっては、残遺状態又は病状があり、
人格変化の程度は著しくないが、思考障害、その他妄想・幻覚等の
異常体験があり、労働が制限を受けるもの
2 気分(感情)障害によるものにあっては、気分、意欲・行動の
障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが
持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

障害手当金

対象なし

以上のようになります。詳細についてはなかなかご説明するのも
調べるのも難しいというものになるかと思われますので
是非一度ご相談ください。