神経系統の障害の障害認定基準は
以下のように示されておりますので紹介いたします。

1 級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする
病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、
日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

2 級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする
病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、
日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい
制限を加えることを必要とする程度のもの

3 級

身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に
著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの。
神経系統に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に
著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの。

障害手当金

身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を
加えることを必要とする程度の障害を残すもの。
神経系統に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を
加えることを必要とする程度の障害を残すもの。

※脳の器質障害については、神経障害と精神障害を区別して考えることは、
 その多岐にわたる臨床症状から不能であり、原則としてそれらの諸症状を
 総合し、全体像から総合的に判断して認定する、とされています。