障害年金は障害ということが日本年金機構によって
認定されることになれば、受給することができるという
ものになりますが、この申請は自ら、もしくはご家族が
動くことによって行われなければならないものであり、
病気になった、障害になったからといって自動的に
受け取れるというものではありません。

そのため、実際には障害があり、障害年金がもらえる
立場であるにも関わらず、受け取っていないという方が
たくさんいます。

ただ、申請の方法というのは非常に複雑でご自身で
行うのが難しいと感じる方が多いかと思います。

当事務所では障害年金を受給することが可能なのかどうか、
その診断を行い、また可能である場合は病歴や障害の状態等の
詳細も確認して申請署類の作成、申請の代行も行っております。

少しでも可能性があるのではないかと考えている方が
いらっしゃいましたら是非お気軽にご相談していただければと
思います。

障害の等級とは

障害の等級は以下のように定義づけられています。

1級

身体機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、
日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

2級

身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、
日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を
加えることを必要とする程度のもの

3級

傷病が治らないで、労働が著しい制限を受けるか、または労働に
制限を加えることを必要とする程度のもの

以上のように等級が分類されており、
労働に制限が出ているような状態であれば3級、
日常生活に制限が出ている状態であれば2級、
それ以上の状態が1級というような分類になります。

詳細はその症状ごとに細かな定義がされておりますので
個別にご相談ください。