平衡機能の障害に関してましては以下の基準がございます。
1級はなく、2級からの制度となっています。

2 級

平衡機能に著しい障害を有するもの

3 級

神経系統に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に
著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

障害手当金

神経系統に、労働が制限を受けるか、又は労働に制
限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

※平衡機能の障害には、その原因が内耳性のもののみだけではなく
 脳性のものも含まれるものとされています。

※「平衡機能に著しい障害を有するもの」とは、四肢体幹に
 器質的異常がない場合に、閉眼で起立・立位保持が不能又は
 開眼で直線を歩行中に10 メートル以内に転倒あるいは著しくよろめいて
 歩行を中断せざるを得ない程度のものをいいます。