呼吸器疾患による障害の障害認定基準については
以下のように定められています。

1 級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が
前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の
用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

2 級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が
前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が
著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を
加えることを必要とする程度のもの

3 級

身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を
加えることを必要とする程度の障害を有するもの

障害手当金

該当なし

更に呼吸器疾患については、「肺結核」、「じん肺」及び「呼吸不全」に
区分され、詳細が認定要領として定義されています。

肺結核の認定要領

1 級

認定の時期前6月以内に常時排菌があり、胸部X 線所見が日本結核
病学会病型分類( 以下「学会分類」という。) のⅠ 型( 広汎空洞型)又は
Ⅱ型(非広汎空洞型)、Ⅲ型(不安定非空洞型)で病巣の拡がりが
3(大)であるもので、かつ、長期にわたる高度の安静と常時の介護を必要とするもの

2 級

1 認定の時期前6 月以内に排菌がなく、学会分類のⅠ型若しくは
Ⅱ型又はⅢ型で病巣の拡がりが3(大)であるもので、かつ、日常生活が
著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とするもの
2 認定の時期前6 月以内に排菌があり、学会分類のⅢ型で病巣の
拡がりが1( 小) 又は2( 中) であるもので、かつ、日常生活が
著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを
必要とするもの

3 級

1 認定の時期前6 月以内に排菌がなく、学会分類のⅠ型若しくは
Ⅱ型又はⅢ型で、積極的な抗結核薬による化学療法を施行しているもので、
かつ、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とするもの
2 認定の時期前6 月以内に排菌があり、学会分類Ⅳ型であるもの
で、かつ、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを
必要とするもの

障害手当金

対象なし

じん肺の認定要領

1 級

胸部X線所見がじん肺法の分類の第4 型であり、大陰影の大きさが
1側の肺野の1/3 以上のもので、かつ、長期にわたる高度の安静と常時の
介護を必要とするもの

2 級

胸部X線所見がじん肺法の分類の第4 型であり、大陰影の大きさが
1側の肺野の1/3 以上のもので、かつ、日常生活が著しい制限を受けるか
又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とするもの

3 級

胸部X線所見がじん肺法の分類の第3 型のもので、かつ、労働が
制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とするもの

障害手当金

対象なし

呼吸不全の認定要領

A表 動脈血ガス分析値 (単位:Torr)

動脈血O2 分圧 
軽度異常  70~61
中等度異常 60~56
高度異常 55 以下

動脈血CO2 分圧
軽度異常  46~50
中等度異常 51~59
高度異常 60 以上

B表 予測肺活量1秒率(単位:%)

予測肺活量1秒率
軽度異常  40~31
中等度異常 30~21
高度異常 20 以下

一般状態区分表

ア 無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等に
  ふるまえるもの
イ 軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業は
  できるもの 例えば、軽い家事、事務など
ウ 歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、
  軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
エ 身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中
  の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能と
  なったもの
オ 身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、
  活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

1 級

前記(4)のA表及びB表の検査成績が高度異常を示すもので、かつ、
一般状態区分表のオに該当するもの

2 級

前記(4)のA表及びB表の検査成績が中等度異常を示すもので、かつ、
一般状態区分表のエ又はウに該当するもの

3 級

前記(4)のA表及びB表の検査成績が軽度異常を示すもので、かつ、
一般状態区分表のウ又はイに該当するもの

障害手当金

対象なし